<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
エロコト
評価

内容評価   ☆☆☆☆
価値評価   ☆☆☆
技術評価   ☆☆
分かりやすさ ☆☆

概要
坂本龍一さんが編集を手がける『エコ+エロ』のカオス雑誌
エスプリに富んだ内容のエロが散らばるという、
摩訶不思議な味わいの雑誌に仕上がっている
アートビジュアル面もなかなかで、
掲載されている耽美な写真はエロと一言にはいえぬ気品に満ちていて、
そこにみうらじゅんさんがエコに関する文章をよせていたりするからあなどれない

じゃあ、この雑誌はありなのか
私の意見をここで言いたい、それはどうだろう
確かにエコ主張がなされた流れの記事があることにはあるけれど、
裸のお姉さんが微笑むグラビアにペタペタと申し訳程度に書かれた環境に関する文章を、
エロ目当てで買った奴ははたして読むのだろうか、否、多分読まない
あと環境を本当に考えてる奴がエコロジー記事目当てのみで
この雑誌を買うことは無いんだろうね、記事はパッと見エロ本だしさ

しかしまぁ、この手の不思議雑誌というのは買ってから後悔することが多いんですが、
今回は坂本龍一パワーでなかなか楽しめました
執筆者達もなかなかのもので、いまやすっかり一般人にもおなじみになった感のある
リリーフランキーさんが雑誌上で対談やグラビア撮影してたり、
しりあがり寿さんや根本敬さんがマンガ書いてたりと、
なんだか視点的に正しいのかだめなのかわからない凄さがあります
次号出るのだとしたら、もうちょっとはっちゃけたほうがいいかもしれませんが

一部のサブカル好きな人は買いだと思いますけど、
コンビニなどで立ち読みして三日ぐらい考えてから買うことをおすすめしてきます
確かに、エコを感じる記事やグラビア等ありますが、
内容的にはほとんどコンビニ配本のエロ本的な記事で構成されている関係上、
結果エロ本を買うことと同意義ぐらいの勇気が必要になりますので
ブリンクも流石にエロ本買うための勇気はくれないだろ

もう3年ぐらいすると坂本龍一さんの記憶からもスッパリ忘れ去られるであろうこの雑誌ですが、
誰もやったことのない面白いスタンスから雑誌を作るという気持ちは
次の不思議系雑誌にリサイクルされてほしいもんですな

DATA
木楽舎:ASIN: B000IFSNC4:(2006/9/26)

[Amazonリンク]
f0079547_18355780.jpg

[PR]
by unit-731 | 2006-10-16 18:36 | サブカルチャー
漫画千夜一夜物語 二夜目

f0079547_2125319.jpg

藤子・F・不二雄「異色短編集1」ミノタウロスの皿

異色というだけあって内容はドラえも・・・なんたらよりかなりディープ
読んでておもしろいのが、藤子ファミリー(2人しかいねえけど)の内でも
描かれる異色短編にきっちりそれぞれの色を出していることで
Aの方が現実世界で人の狂気や偏執によって巻き起こる惨事を描く一方、
Fの方は現実世界(もしくは未来)で超常的事態によって巻き起こる惨事を描くという
きちんと住む庭が区分けされている関係にあることだろう

事実、表題作である「ミノタウロスの皿」(*1)では
宇宙探査が可能となった未来を描いており、
宇宙船の記述や主人公のセリフからも
『この時代に生きる人類』はかなりの技術力を要していることが読み取れる
ただ、作品群一貫していえることは、話の主流として『未来の暗示』や
『SFという手法を用いて作られた世界での恐怖』を読ませているのではない、
先ほどの「ミノタウロスの皿」のラストシーン、
主人公がビフテキほおばりながら流す涙こそ物語最大の答え、
つまりは未来の恐怖ではなく現代の悪夢、
我々が内包している狂気であるともいえるのだ

この世は我々から見れば規律に則った疑うことの無い世界と言えよう、
しかしこの認識は我々の生活に対して答えを出しているわけではない、
ただ単にこの世界しか認識できないからそうと思っているだけで
すぐそこに非常識、もしくは超認識というべき未知の世界への扉が
口をあけて待っているかもしれない
その世界へ行ったあなたに元の世界を紛れも無き『世界』と認識できるだろうか
もしや本当の悪夢というのは我々の暮らす、まさに『この世』であるのかもしれない
藤子・F・不二雄の描く悪夢は我々の心が見ている幻影なのであろうか?
それとも我々が生きている現実なのであろうか?

*1(ネタバレあり注意)

宇宙探査が可能になった未来で、宇宙探査船が故障した乗組員が
惑星に不時着するところから、この話は始まる
空気があり、生活様式も地球の(特に古代オリエント文明)に酷似しているその星で
ただ一つだけ違うもの、それはこの星の支配者が進化した牛であり、
家畜とされているのが人間ということ、
やがて救助を待つ主人公は家畜として飼われている美しい女、ミノアに恋をするが
ミノアは「ミノタウロスの皿」という家畜(この星での人間)を料理して食べる、
名誉ある祭りの生贄に選ばれていた、主人公の思いもむなしく、
愛しのミノアは会場に到着し、祭りは実行されてしまう
最後のシーンは、救助された主人公は宇宙船でミノアのことを思い出し、涙を流しながら
宇宙探査での念願であったビフテキをほおばるという
なんともシニカルな終わりとなっている
[PR]
by unit-731 | 2006-10-03 21:34 | 企画



Alcatraz Library      -戦慄の暗黒読書ブログ-
by unit-731
Skypeボタン
カテゴリ
全体
はじめに
企画
悪趣味
サブカルチャー
現代病
電脳
おくすり
暗黒科学
文化・風習
Corner of hotpaper!!
ライフログ
以前の記事
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
more...
検索
Pick up!!
基本的に、リンク、
トラックバックは自由です。
むしろ、して頂ければ光栄です。。
(Spam以外な(; '-')ノ)

コメントなどありましたら、
お気軽にどうぞ。。

なにか質問、要望、抗議、
打ちこわし等ありましたら、
mixiかmsnの方へ
お願いしますヽ(´ー`)ノ


book markサイト様

<出版社>
データハウス
三才ブックス

<俺的アイドル>
CLOCK EDELWEISS
セキュリティアカデメイア
LOGIC&MATRIX
児玉さとみ+猫戦車マリィ
告知君
マッドサイエンティスト(Wikipedia)

<よく聞くラジオ>
JUNK 伊集院光深夜の馬鹿力
金田朋子のミニミニミクロ電子幼稚園

<ニュース>
タマヒメβ版
スラッシュドット ジャパン
エルエル
X51.ORG
コロコロザイーガ

<現代文化>
屋根裏
YellowTearDrops
Hugo Strikes Back!

<書評>
BLACK BOX =飽食日本の書籍200冊=

<ネット本屋>
Amazon.co.jp
復刊ドットコム

<掲示板>
グロラボ・どっとびず(閉鎖)

<Special thanks!>
銀ピカ
LINUX体験記(だけじゃないけど)

<自己>
地上の楽園を探して
名称未定(「銀ピカ」コラボレートウイズME仕様はてな)
幻惑の書庫
my mixi
my twitter
msn スペース

このぶろぐには、ふてきせつなひょうげんがふくまれています。

人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧