カテゴリ:文化・風習( 4 )
怪しいアジアの怪しいニュース
評価

内容評価   ☆☆☆☆☆
価値評価   ☆☆☆
技術評価   ☆☆☆
分かりやすさ ☆☆☆☆☆

概要
私がはじめてクーロン黒沢さんを意識するきっかけとなった一冊、
この本を読む前、私はひどく困憊していた、
そこいら辺の事情は割愛するが、一言で言えばさみしかったのである
そんな時、この本を書店で見つけ、数ページをペラペラとめくったあと
私はレジめがけてこの本を抱えて走っていた、そして、数時間のうちに読みきったあと
体中からダークフォースが沸々と湧き出るのをその時確かに感じたのだ
そんなの思い出が深い本書を今回取り上げてみよう

本書はお三方による共著で、それぞれ三人とも香ばしい皆さんで
そんな三人がタイのB級ニュースを事実と妄想を織り交ぜながら
語る、とてもさわやかな内容となっている
まずタイトル一つからもとてもいい味が出ていて、ちょっと引用するなら
「新聞やテレビがクソまみれに」、「殺人鬼の正体は9歳児」、「超有名僧侶のセックス疑惑」
と、こんな三本立てだったら俺、サザエさん見てもいいな、と思わせる切れ味である
またお三方共に文才がある方達で、読んでいてどこか疾走感のある文章はすばらしいの
一言に尽きる、その中で特筆すべき点なのはクーロン黒沢さんで
今の日本文学に確実に足りない澱んだなにかを文章の中にひめた、
まさに僕らの暗黒面!だてに任○堂から警告を食らっちゃいないぜ!

タイが好きな人も、またB級ニュースが好きな人も必読の一冊
また、悪趣味本の入門書としてもどうぞ

追記
なぜかポッチン下条さんが参加してないけど、どうしたんだろうね

DATA
著者
クーロン黒沢
梅本 善郎
リン外川

出版社: KKベストセラーズ: ISBN: 458430811X : (2005/01)

[Amazonリンク]
f0079547_20405892.jpg

[PR]
by unit-731 | 2006-07-02 20:48 | 文化・風習
教科書にのっているヘンな英語
評価

内容評価   ☆☆☆☆
価値評価   ☆
技術評価   ☆☆☆
分かりやすさ ☆☆☆

概要
「I am a pen.」
時として英語は読むもの全てを震撼させる怪物になる、
私が中学生の頃、英語の教科書ではケツのでかい外人の女教師と
どっかのボンクラ中学生が銭湯のことについて話していたり、
コロンという遺伝子操作で顔から直に手足が生えてる猫らしき生命体が
普通に日常生活を送っていたりと、スピルバーグも真っ青な物語が繰り広げられていた
日本の教科書会社には頭のビスが吹っ飛んでる人間しかいねえのか!
と日本中で私を含めた数人が思っていたことだろうが、
今日はそんな英語の教科書をいじりつくしたこの本を紹介したい

この本は芸人であるスパルタ教育さんが教科書、参考書にのっている
ちょ!お前!!な文章をいじりつつ、疲れた脳を解きほぐす内容で、
受験勉強の合間にピッタリな本となっている
例文も確かに笑えるし、それに対する著者の愛があるツッコミも良い味なのだが
例文に伴っている挿絵もおもしろい、
また、大正時代の英語の教科書もひっぱってきて攻めているところも
他にはないおもしろさであると言えよう
また、英語の例文一つ取ってみても、
これがほんとに例文かよと思えるほどのものもあって、世が世なら
精神病院行きはまぬがれないだろうと思える病んだどす黒い何かがてんこもりである

英語が嫌いな人も好きな人も一回読んでみることをおすすめする
ちなみに断っておけば、受験勉強の役には一切立ちません

DATA
著者
スパルタ教育
インデックス・コミュニケーションズ:ISBN: 4757302290:(2004/05/20)

[Amazonリンク]
f0079547_21311387.jpg

[PR]
by unit-731 | 2006-06-30 21:32 | 文化・風習
しりあがり寿の多重人格アワー
評価

内容評価   ☆☆☆☆
価値評価   ☆☆
技術評価   ☆☆☆
分かりやすさ ☆☆☆☆

概要
しりあがり寿さんは常々思うに不思議な漫画家である
ホノルルマラソンをスタート時から全裸全力疾走してるようなイメージが強い漫画を描いたかと思えば、
ともすると、「真夜中の弥次さん喜多さん」や「方舟」のような、
幻想や終末、再生色の強い、どちらかと言えば人間の本質にせまる
感じの漫画を描いたりする

そんな作品たちのマージナルマンとして存在するのがこの本であり、
ともすると漫画のように思われがちだが、
実はこれ小説、しかも中公文庫、嘘みたいだが本当の話だ
内容はごくごく平凡な人間であるビリー・ミリやん(どこかで聞いたことがありそうな名前だが、そっとしておこう
と彼の多重人格が織りなす日常を、多重人格の対話形式でコメディタッチに書いている
(そう、実はミリやんは話の導入部とおしまいのまとめ部分にしか出てこない、扱いからいけば出来杉君レベルである)

だがしかし、書かれていることは一見ギャグのように思えても、実は物事の核心に迫るものであったりして油断できない
しかも結構文才のある方なので、話もおもしろいときている、
たぶんこれから面白さを抜けば、そのまま新興宗教の機関紙が一冊出来そうだが、それは心の中にしまっておこう
なにはともあれ、しりあがり寿さんの作品に慣れたい活字好きの人や
ただ単に面白い本が好きな人にも一読をおすすめしておく

DATA
筆者
しりあがり寿
中央公論新社 : ISBN: 4122036003 : (2000/02)

[Amazonリンク]
f0079547_1872622.jpg

[PR]
by unit-731 | 2006-06-10 19:36 | 文化・風習
聊斎志異の怪
評価

内容評価   ☆☆☆
価値評価   ☆
技術評価   ☆☆☆
分かりやすさ ☆☆☆

概要
昔から水木しげる先生の漫画を
愛読していた自分にとって
聊斎志異には切っても切れぬ縁がある

そもそも聊斎志異は短編の
中国怪談や奇談を集めたもので
当時の民間伝承を
蒲松齢という清代の作家が
編纂したものである

たまに図書館で見つけ、本をペラペラやっても
学の無い私が、話を自分なりに解釈するだけで
小一時間かかる有様
挙句に、タダでさえアバウトなストーリーが
さらにアバウトになって、
何がなんだか分からなくなる

だが本書は膨大な話の中からいくつかを
ピックアップしてくれていて
おまけに分かりやすい現代語訳もついている
これだけなら、まぁ他の本で良いものだろうが
この本には、王朝物で知られる
芥川龍之介や太宰治などといった
日本作家の書いた作品も収録されており
また、それら小説の原作も比較できるように載せている
なかなかユニークな本である

DATA
著者
蒲 松齢
翻訳
志村 有弘
角川書店 ISBN:4043490046 (2004/08)
[Amazonリンク]

f0079547_22164681.jpg

[PR]
by unit-731 | 2006-05-30 22:20 | 文化・風習



Alcatraz Library      -戦慄の暗黒読書ブログ-
by unit-731
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Skypeボタン
カテゴリ
全体
はじめに
企画
悪趣味
サブカルチャー
現代病
電脳
おくすり
暗黒科学
文化・風習
Corner of hotpaper!!
ライフログ
以前の記事
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
more...
検索
Pick up!!
基本的に、リンク、
トラックバックは自由です。
むしろ、して頂ければ光栄です。。
(Spam以外な(; '-')ノ)

コメントなどありましたら、
お気軽にどうぞ。。

なにか質問、要望、抗議、
打ちこわし等ありましたら、
mixiかmsnの方へ
お願いしますヽ(´ー`)ノ


book markサイト様

<出版社>
データハウス
三才ブックス

<俺的アイドル>
CLOCK EDELWEISS
セキュリティアカデメイア
LOGIC&MATRIX
児玉さとみ+猫戦車マリィ
告知君
マッドサイエンティスト(Wikipedia)

<よく聞くラジオ>
JUNK 伊集院光深夜の馬鹿力
金田朋子のミニミニミクロ電子幼稚園

<ニュース>
タマヒメβ版
スラッシュドット ジャパン
エルエル
X51.ORG
コロコロザイーガ

<現代文化>
屋根裏
YellowTearDrops
Hugo Strikes Back!

<書評>
BLACK BOX =飽食日本の書籍200冊=

<ネット本屋>
Amazon.co.jp
復刊ドットコム

<掲示板>
グロラボ・どっとびず(閉鎖)

<Special thanks!>
銀ピカ
LINUX体験記(だけじゃないけど)

<自己>
地上の楽園を探して
名称未定(「銀ピカ」コラボレートウイズME仕様はてな)
幻惑の書庫
my mixi
my twitter
msn スペース

このぶろぐには、ふてきせつなひょうげんがふくまれています。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧